前期講習 祭文奏上

今日から3月なので、朝夕のおつとめの時間が変更され、朝は15分早く、夕は15分遅くなります。

ということで、起床も15分早くなり、朝勤めは6:30なので、15分前の6:15に東礼拝場(らいはいじょう)に到着して参拝しました。
おつとめ後、昨日までは第一食堂に直行でしたが、今日からは朝礼まで15分時間が増えたので教祖殿(きょうそでん)まで参拝しに行けます。
教祖殿では何処で座っても良く、ここで教祖(おやさま)御霊様(みたまさま)を参拝です。
担任の先生によると、おてふりの学びは朝勤めがもう15分早くなるとやれるそうです。


朝食を頂いて講習棟に行き、事務所に行くと職員の方から御用を頂きました。
本日の御用は、単語帳のような感じに一人の名前が1枚の紙に書かれた束を渡され、修了証書に間違いなく名前を書くため、この紙の名前が戸籍どおりか確認して欲しいとのことです。
朝礼後から回し、午前中で出席の講習生が全員確認してもらい、事務所に報告しました。

次に、朝勤め前に呼ばれたので担任の先生の控え室に行き、住所録を作るための下書きの表を貰い、講習生に回して書いてもらいます。
これも朝礼後に回したのですが、昼休みにまだ完了していないのは確認しましたが、回収するのを忘れました…
まぁ、大丈夫だと思いますが…

そして、昨日作成した布教実修班分けを担任の先生に見てもらい、承認していただいたので、事務所でコピーを2部とり、1部は事務所、1部は担任の先生に提出し、原本は教室の掲示板に貼りだしました。
今のところ、変更してほしいというような申し出はないようです。

朝礼
まず、、おふでさきの第三号73~第四号36の歌と、十全の守護を読みました。
そして、担任の先生から、お話がありました。


1限 担任の時間
おさづけおまもり御供(ごく)さんについてのお話をしていただきました。


2限 みかぐらうた
3~5下り目の地歌の説明をしてくださいました。


昼休み
朝礼前に事務所で13:00に事務所隣の任命相談室に組係は来るようと言われたので行くと、おつとめ総合練習の役割表を貰い、これを3月6日まで提出とのことでした。
役割表は月次祭(つきなみさい)で使用する物から、祭儀式の部分が無いだけの本格的なものです。
一人一回以上役にあて、女鳴物はもちろん女性、お地方・笛・小鼓は男性のみとか、いろいろ条件があり、決めるのはかなり大変そうです…
女鳴物は少ないので、てをどり6人を全て女性にしても良いなど柔軟なところはありますが…

それと、明日からの鳴物とおてふりの授業があるのですが、同じ教室で行います。
そのため、鳴物の授業の後の休み時間に、鳴物・お社を片付け、鳴物が置かれていた上段を移動したりする必要があり、その説明がありました。

ちなみに、緑茶を出て、おいしく頂きました。


3・4限 祭儀式
今日は祭文奏上について、教えていただきました。
修養科中に詰所での遥拝式で行ったので、ある程度は知っていましたが、祭主は教養掛の先生が行っていたので、祭主の動きを知りました。
今日は、上段に上がっての通しての練習が当たらなかったのは、すこし残念です。
今回で祭儀式の授業は終わりになります。
授業初日から祭儀式の授業があったので、修養科と講習は違うということが実感できました。


夕勤めが今日から15分遅い18:00からになったので、夕食は夕勤め前に頂くことになりました。

p.s.
今月の遥拝式では、祭文を扱う扈者(こしゃ)にあたりそうです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

名前:いと
性別:♂
mail: msnr@msnr.net

一言:まぁそれなりに、だらだら生きている、自転車好きの元プログラマです。会社勤めを辞め、 修養科を無事に修了することができ、 道専務をさせていただくことになりました。
2007年4月より大教会で青年づとめをさせていただき、2011年1月より自教会に戻りました。
させて頂くことを手探りな状態ですが、勇んでつとめさせていただきます。

サイト内検索

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.6