憩の家

昨日で前期講習が終わったので、今日は地元に戻ります。


朝は特に教養掛の先生に言われてないけど、いつもどおり起き、風呂掃除を。
朝づとめは、講習中は修養科生より先に神殿に行っていたのですが、そんな必要はないので、今日は半月ぶりに一緒に行きました。
往復でのみかぐらうた奉唱も久しぶりです。

詰所に戻り、おてふりの学び、朝礼を行い、朝食も詰所で頂くと、ひさびさの修養科生の恒例行事です。

その後は、修養科生を見送る程度で、ひさびさにゆっくり過ごしました。
そして、部屋の片付けなどが終わった9時すぎに、詰所を出発!


まずは、神殿教祖殿(きょうそでん)祖霊殿(それいでん)を参拝をしました。


その後、憩の家に。
入院している方のお見舞いに来たのですが、病棟の番号くらいしか分からない状態です。
案内図を見て、なんとかその病棟の前につきましたが、入り口には面会時間は14時からとの文字が…
面会に来られている人もいるようだけど躊躇していると、個性的なデザインの唐草模様(?)付きブレザーを着ておられる事情部講師の方が歩いてきたので、面会時間について聞くと、原則的には…という柔軟な回答が返ってきました。
それならばと病棟に入ると、いきなり看護婦さんに咎められました…
それでも患者さんと自分の名前を言うと、病室まで確認してきてくれましたが、検査中でいないとのこと…
しょうがないので、伝言をお願いして、帰ることにしました…
行き当たりばったりでは駄目ですね…


こういえば、憩の家の結婚相談なるもの登録をしてもらったことを思い出し、世話部に行ってみることに。
登録は自分で来ないで代理の方にやってもらったので、初めて来ました。
受付で登録されている女性の一覧を見せていただけるよう頼み、名前や直属などを紙に書いて待ちました。
しばらくして、受付の方からファイルを受け取り、一覧を個室で見せてもらうことに。
一覧には女性の生まれた年や在住の都道府県、信仰の有無など、そして女性の希望が。
希望には、教会に嫁ぐことの可否もあります。
教会に嫁ぎたい人は、ほとんどいません…
まぁ、期待していませんでしたが…
ちなみに、後半は教会への養子希望の方々になっております。
ここで、写真希望の方がいれば数人見せていただけるようですが、条件が合う人がいないので、見ないで帰ることにしました。


近鉄天理駅に行くと、次の電車は運が良いことに京都行き急行です。
平端で乗り換えるのは面倒ですから、ありがたいことです。
その際に、たまたま叔父さんに会い途中まで一緒になることに。

京都に着いて、新幹線の改札を抜けると、東京行きひかり410号が直後にでるじゃないですか!
急いで弁当を買おうと売店に入り、目の前にある近江牛弁当を奮発して即決で購入!
飲み物は発泡酒ですが…
しかし、ひかり自由席の団参券で、ひかり号は1時間に2本ほどしかないので、急いでエスカレータを走ったのですが、乗れませんでした…
しょうがないので25分後の、ひかり370号に乗ることにしました。
まぁ、時間はあるので無理してもしょうがないですし…

関係ないですが、新幹線を見ると30歳を過ぎても、なんか興奮してしまい、写真なんかを撮ってみたりしちゃいます。

無事に座席に座ることができ、近江牛弁当もおいしくいただき、教祖伝逸話編を読んでるうちに眠たくなり、寝ることに…
新幹線はあっと言う間に東京に運んでくれますね。

こんな感じで、家に着くまでの前期講習は修了です。


p.s.
今考えると、昨日の終講式は午前中で終わったので、新幹線に乗るんだったら昨日のうちに帰ってもよかったかな?

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

名前:いと
性別:♂
mail: msnr@msnr.net

一言:まぁそれなりに、だらだら生きている、自転車好きの元プログラマです。会社勤めを辞め、 修養科を無事に修了することができ、 道専務をさせていただくことになりました。
2007年4月より大教会で青年づとめをさせていただき、2011年1月より自教会に戻りました。
させて頂くことを手探りな状態ですが、勇んでつとめさせていただきます。

サイト内検索

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.6