修養科 787期修了式

今日は、自分の期の修養科787期の修了式です。

詰所は参拝者さんが多勢なので、朝勤めは詰所で行いました。
今日は修了式の集合が早いので、食堂のひのきしんは途中で切り上げて、食事を頂き、詰所から出発です。

集合は、4棟前広場に8:30です。
1番組係さんがいつもの通りに、組旗を持って組の列の先頭に立っています。
自分は既に出欠の必要は無いのですが、なんとなく列の最後尾にいて、人が来るごとに下がっていきます。
しかし、暫くして席番の順序に2列で並べとの指示があり、急いで前のほうに移動です…


集合が完了したら、組ごとに五講堂に移動です。
席番の順番で行くのですが、いつのまにか先頭にいるはずの1番組係さんがおらず、先頭は担任の先生と席番2の方です。
1番組係さんは、先に五講堂に行っているとのことです。

五講堂で整列が完了し説明を受けた後、トイレ休憩です。

トイレ休憩が終わり、再度整列して、内統領先生と修養科主任先生、副主任先生の到着を待ちます。
左前方に担任や御伝の一期講師の先生が座っておられます。
右前方には、偉そうな先生方が座り、待っている3人の先生のための座布団もあります。
そして、修養科生は先生方より後ろで、左から1組、2組、102組、101組と各組2列ずつで席番順に並んで座っています。
2組と102組の間には、1組から102組の4人の総代の修養科生と、答辞を読む修養科生の、計5人の列があります。
総代は基本的に1番組係さんですが、答辞は女子の101組の1番組係さんなので、101組の総代は2番組係さんになっています。


しばらく経った9:00ごろ、内統領先生たちの入場です。
その際には、頭を下げて礼します。

そして、内統領先生を芯にして、遥拝です。

この後は、メモを取っていないので順番など間違えていたらすみません。

次はたしか、修養報告とかなんかで、たしか副主任先生から報告がありました。
787期は、何人修了して何人辞退した、どのようなひのきしんをしたやら、などの報告がありました。

そして、修了証書の授与です。
1組から102組まで、組の総代の方が代表して内統領先生から授与されます。

この後、内統領先生からの祝辞、主任先生からのお話が続きます。

次は、101組の1番組係さんが内統領先生に答辞します。
この答辞が、感情こもったとても良い話し方で、苦労した話などされた際には、女子の組のほうでは涙を拭っている方が何人もおります。


答辞の後の9:40ごろよろづよ八首の学びです。
前に八足が置かれ内統領先生が座ります。
そして、担任や御伝の一期講師の先生方が左側にある鳴物の前に座ります。
自分の組の担任の先生は小鼓(つづみ)が担当です。
4拍してから、よろづよ八首が開始です。
前に座られた内統領先生は、お地方(ぢかた)をしてくださいます。

9:50ごろ遥拝して修了式が完了で、内統領先生や主任先生方が帰られました。


その後は、担任の先生より各修養科生に対して修了証書の授与です。
これは、先月先々月のひのきしんで、筒を渡した場面です。
担任の先生と話込むと後の予定がずれるから話し込むなと、事前に注意がありましたが、そんなことはお構いなしですw


修了証書を頂いたら4棟前広場に出ろというなので、自分が修了書を頂いた後、他の修養科生と話つつ五講堂前の4階ホールに出て、階段を下りようとしました。
すると、同じ組の修養科生から4階ホールで組全員集まるので待ってろと言われたので、とりあえず待っていて話し込んでします。
そして、組全員が集まったら組係が前に出ろというので前にでると、1番組係さんから賞状のような感謝状を授与し、組全員からのメッセージが書かれたノートが渡されます。
その後、2・3・4番組係にも授与されました。
感謝状の文面は、各組係に合わせて全員違っているのが、涙がちょちょぎれます。

ノートは他の組係さんへのメッセージを書くように回ってきたので、自分も頂けると予想していました。
しかし、感謝状は知らなかったので、とてもうれしかったです。

そこに担任の先生が来て、早く4棟前に行けと言いますが、無理やりこちらに来てもらって、寄せ書きの色紙が渡されました。


その後、組全員で階段を下り、10:10ごろ4棟前広場に行くと、すでに他の組は並んで待っています。
そして、組ごとに並んで西礼拝場(らいはいじょう)に移動して、10:25ごろお勤めを始めました。
お勤めの後、教祖殿(きょうそでん)に行き、教祖(おやさま)御霊様(みたまさま)を参拝しました。
ここまでは担任の先生と移動したのですが、担任の先生は本部詰所に行くということで、先に担任の先生は移動で、ここでお別れです。

修養科生は西礼拝場に戻り、靴を脱いだ階下で解散です。
積もる話や写真撮影などありますが、すぐに大教会に行く詰所もあるので、徐々に人数が少なくなり、自分もなんとなく詰所に戻ることにしました。


昼食は詰所で頂き、午後は天理本通りに行き、帰りの交通費を下ろすため郵便局に行ったり、お土産のこんぶ飴を買ったりしました。
夕勤めは、詰所で勤めました。


p.s.
組全員からのメッセージは、明日の帰りに読ませていただこうと思います。

p.s.2
3ヶ月一緒にいた組のみんなと、もう会えないというのは、なんだかまだ実感できません…

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

名前:いと
性別:♂
mail: msnr@msnr.net

一言:まぁそれなりに、だらだら生きている、自転車好きの元プログラマです。会社勤めを辞め、 修養科を無事に修了することができ、 道専務をさせていただくことになりました。
2007年4月より大教会で青年づとめをさせていただき、2011年1月より自教会に戻りました。
させて頂くことを手探りな状態ですが、勇んでつとめさせていただきます。

サイト内検索

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.6