検定講習 14日目

教会長資格検定講習会の14日目です。
昨日は検定講習中、唯一の休講日でした。
時間割は、午前の一・二時間目はおふでさき、三・四時間目はおさしづ
午後は五時間目は基調講話、六・七時間目は談じ合いでした。
午前中は講師の先生が変わり、午後は初めての授業です。


朝づとめから朝食は昨日と同様なので割愛!
7時15分からの朝礼は、おふでさき十全の守護八つのほこりの拝読をしました。
おふでさき拝読は、第十一号1~第十一号80のお歌でした。

8時からの一時間目、9時からの二時間目は、本日から講師の先生が変わったおふでさきで、第九号から第十号56までの説明を受けました。

10時からの三時間目、11時からの四時間目は、同じく講師の先生が変わったおさしづで、明治23年1月13日~明治23年7月7日のおさしづの説明を受けました。

13時10分からの五時間目は基調講演で、午前中に終講した教人資格講習の担任の先生から、「いんねんと真のたすかり」というテーマでお話しをいただきました。
14時10分からの六時間目と15時10分からの七時間目は談じ合いで、一グループ7人で基調講演のお話しについて談じ合いしました。
ところで、ねりあいとの違いってなんでしょうか?

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

名前:いと
性別:♂
mail: msnr@msnr.net

一言:まぁそれなりに、だらだら生きている、自転車好きの元プログラマです。会社勤めを辞め、 修養科を無事に修了することができ、 道専務をさせていただくことになりました。
2007年4月より大教会で青年づとめをさせていただき、2011年1月より自教会に戻りました。
させて頂くことを手探りな状態ですが、勇んでつとめさせていただきます。

サイト内検索

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.6