前期講習 講習課による試験

今日の朝も、朝づとめの後、教祖殿(きょうそでん)で参拝して、朝食です。


事務所に寄ると、いつもより職員の方が少ないようです。
どうも教会長任命講習会が始まったようで、忙しいようです。

ちなみに、今日の3限は教話練習でなく、担任の時間を行うと担任の先生に言われたので、あとの休み時間にそのことを伝え、黒板の変更をしてもらいました。
教室に着くと、自分の机の上にはチラシが大量に置かれています。
朝づとめの前に担任の先生から配るよう言われていたものです。
自分だけじゃ配りきれないし、用事もあるので、周りの人に配るのを手伝っていただきました。


朝礼
おふでさきの第十二号1~第十二号110の歌と、八つのほこりの前半を読み、担任の先生からお話がありました。


1限 教典
今日から、新しい先生が教典を教えてくださいます。
第六章のてびきの説明をしてくださいました。


2限 教祖伝(きょうそでん)
第8章の親心のp.167からp.210まで説明してくださいました。
読むところが多く、大半がおふでさきなので、男女交代交代で読みました。

2限途中の休み時間に事務所の職員の方が教室に来られ、明日の廻廊ひのきしんの説明をちょろっとしてくださいました。
この直後にでも、明日は廻廊ひのきしんがあることを伝えればよかった…


昼休み
今日も自教室に荷物を置いて食事にゴーです。
戻ってきてから、担任の先生の控え室に、教話練習で使用する呼び鈴とキッチンタイマーを取りに行きました。
その際に、3月12・13日に行う練り合いの班分けの用紙をいただき、説明をしていただきました。


3限 教話練習
今日から教話練習の時間が3日間続きます。
担任の先生が担当され、講習生一人一人が持ち時間4分30秒以内に、教壇に立って話をします。
ちなみに、自分はタイムキーパーを行い、話し始めてから4分後に呼び鈴を一回鳴らし、まとめに入ってもらい、4分30秒後になったら2回鳴らして終了となります。
まぁ、2回鳴らしても、続ける人は気にせずに続けますが…
話す順番は、男の席番が一番の人、女性の一番目の人、男の2番目、女の2番目、…、と続きます。
自分は回ってくるか来ないか微妙なところだなと思ったら、自分まで回ってきました…
ちゃんと原稿を作ってきていないので、同じようなことを何度も繰り返し…
ちなみに、16人話しました。


4限 講習課による試験
担任の先生が答案用紙を持ってきて配り、開始しましたが、用紙が足りなくて、事務所まで自分が取りに行きました。
事務所からすぐ出てくるかと思いきや、鍵を開ける必要があるようで、少し時間がかかりました。
で、試験ですが、間違えていても先生にチェックしてもらえるし、最終的には資料を見てもよいとのことでした。
最後に、先生に答案をチェックしてもらい、良ければ帰ってよいことになりました。


放課後ですが、今日は便所掃除当番です。
その後に女子の組係さんと練り合いの班分けの清書をして、班の毎に司会者と書記をそれぞれ一人ずつ決めさせていただきました。
また、明日の廻廊ひのきしんの確認をした際、みんな膝当てを持ってきてくれるか?という話になり、最近いっぱいいっぱいな自分を見て、女子の組係さんが各詰所に連絡してくださることになりました。
申し訳ないです…


今日で、教話を話し、試験も終わったので、残り4日間は特に大変なことも無く、なんか晴れ晴れした気分です。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

名前:いと
性別:♂
mail: msnr@msnr.net

一言:まぁそれなりに、だらだら生きている、自転車好きの元プログラマです。会社勤めを辞め、 修養科を無事に修了することができ、 道専務をさせていただくことになりました。
2007年4月より大教会で青年づとめをさせていただき、2011年1月より自教会に戻りました。
させて頂くことを手探りな状態ですが、勇んでつとめさせていただきます。

サイト内検索

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.6